冨安「うれしい」福岡とシントトロイデン提携に感激

西日本スポーツ

 J2福岡とベルギー1部シントトロイデンが業務提携を締結することになり、3日に福岡の本拠地レベルファイブスタジアムで会見が行われた。前福岡でシントトロイデンに在籍する日本代表DFの冨安健洋らが出席した。

 両クラブは選手や指導者などの人的交流やスカウト活動のサポート、選手育成に関するノウハウの提供などを行う。契約は1日から2021年6月末までの2年間。シントトロイデンがJリーグのクラブと同様の提携を結ぶのは、大分などに次いで5クラブ目。

 会見に出席したシントトロイデンの立石敬之・最高経営責任者(CEO)は北九州市出身。「私自身、福岡出身で(福岡は)思い入れのあるクラブ」と明かし、福岡の川森社長は「一つのクラブと深い関わりをもって吸収できることは大きなプラスになる」と期待した。冨安は「僕を育ててくれたチームが業務提携するのはうれしいし、いいものになることを願っている」と語った。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ