ソフトバンク高橋純、9回被弾を猛省「もっと冷静に」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1楽天(3日・ヤフオクドーム)

 前カードの日本ハム戦でプロ初勝利と2勝目を挙げた高橋純が、被弾を猛省した。4点リードの9回に登板。先頭の茂木を3球で見逃し三振に切ったが、続く島内に甘く入った初球の直球を中堅テラス席に運ばれた。続く浅村にも中前打。後続を断って試合を締めたが「(本塁打は)逆球でした。もっと冷静にいくべきでした。1点を取られたら同点の場面では使ってもらえなくなる」。ようやくつかんだチャンスを逃すまいと、自らに厳しく言い聞かせていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ