ソフトバンク岩崎、最速149キロ 打撃投手で手応え

西日本スポーツ

実戦復帰へ向け打撃投手で調整した岩崎 拡大

実戦復帰へ向け打撃投手で調整した岩崎

 右肘故障から復活を目指す岩崎が、6日のウエスタン・広島戦(タマスタ筑後)での実戦復帰に向け、今季2度目の打撃投手を務めた。コラスや西田に対し、変化球を織り交ぜ計30球を投球。直球は最速149キロをマークした。「思いっきり腕が振れた。試合でたくさん投げていきたい」と手応えを口にした。患部に問題がなければ、昨年9月以来のマウンドに立つ。

PR

PR

注目のテーマ