工藤監督が鬼の形相 7連勝目前バッテリー非情交代

西日本スポーツ

ソフトバンク・工藤監督 拡大

ソフトバンク・工藤監督

 ◆ソフトバンク6―3楽天(4日・ヤフオクドーム)

 7連勝を目前にしたソフトバンク工藤監督の表情が、みるみる険しくなった。

 試合中盤まで競り合いとなったが、1点リードの6回にグラシアルが3ランを放ち4点差。前日3日同様に勝ちパターンを温存し、8回に椎野、9回に高橋純を投入した。

 ところが高橋純が連日のソロ被弾で3点差。さらに安打で無死一塁とされ、ベンチではベテラン捕手・高谷が急いで準備を始めた。工藤監督は鬼の形相。倉野投手コーチがマウンドに行った後、指揮官がベンチを出て、高橋純と捕手・甲斐の交代を告げた。

 甲斐野-高谷のバッテリーが後続を3人斬りでゲームセット。試合後、工藤監督は「(高橋)純平君は昨日と今日、打たれたけど、ボール自体はいい。(9連戦の3試合目で)あと6連戦ある。そこも考えながらの継投と思ってもらえれば」と、淡々とした口ぶりで話した。

 2位楽天には交流戦直前の本拠地3連戦で、3連敗を食らっていた。この3連戦前に「やられたらやり返さないと」と公言していた工藤監督。メッセージ含みの最終回をへて、同一カード3連勝で雪辱した。

PR

PR

注目のテーマ