初出場19歳吉田「元気アピール」 世界水泳12日開幕

西日本スポーツ

 佐賀県唐津市出身で男子最年少の19歳、吉田啓祐(日大)は自由形のリレー要員として世界選手権初出場を果たす。「一番年下なんで、元気や自分らしさをアピールして、チームの雰囲気を良くできたら」と、初々しく意気込んだ。

 昨年のユース五輪自由形2種目でメダルを獲得するなど、期待の若手だ。日本選手権、追加選考会のジャパン・オープンともにリレーの派遣記録を突破することができなかっただけに胸中は複雑。それでも、「チャンスをもらえたので、自分の力を発揮して世界の選手たちと戦えるように」と決意を込めた。

PR

PR

注目のテーマ