ソフトバンク・楽天選手ら募金活動 九州豪雨被災地支援

西日本スポーツ

 2017年7月の九州豪雨災害から2年が経過することを受けて、福岡ソフトバンクは4日、楽天戦の試合前にヤフオクドームで被災地支援の募金活動を行った。工藤監督、上林、武田、甲斐野らに加え、楽天からも平石監督、岸らが参加。来場者に善意を呼び掛け、一人一人と握手を行った。オフには被災地を訪問して支援活動を継続している工藤監督は「僕らも忘れてはいけないし(支援は)続けていかないといけない」と話した。募金に応じた人は431人で、14万8299円が集まった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ