ソフトバンク周東、堅実プレー 工藤監督も高評価

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6―3楽天(4日・ヤフオクドーム)

 5月21日の西武戦以来、約1カ月半ぶりにスタメン出場した周東が先制の起点となった。1番二塁で先発し、初回先頭で辛島の内角高めのスライダーを捉えた。打球は左中間フェンスを直撃。快足を飛ばして三塁打とすると、内川の中前打で先制のホームを踏んだ。工藤監督は「最初から打っていくんだという気持ちが三塁打につながった」と高評価。1軍では初の二塁守備では初回に島内の一、二塁間を抜けそうな打球に追いつき処理するなど堅実なプレーを披露した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ