西武・鈴木プロ初スタメンも反省

西日本スポーツ

  ◆ロッテ4-2西武(5日・ZOZOマリンスタジアム)

 西武の鈴木が「9番左翼」でプロ初のスタメン出場を果たした。

 昨季はイースタンの盗塁王に輝いた売り出す中の3年目の外野手は、この日から出場選手登録され、3回のプロ初打席は遊ゴロ。同点の6回無死一塁では犠打を決め、先制点に結びつけた。しかし、1点を勝ち越した直後の8回無死一塁でバントを決められず、強攻して二飛で併殺に倒れた。チームがその裏に逆転を許して敗れたこともあり、「(8回は)次につなげられなかった。反省して、切り替えてやっていきたい」と悔やんだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ