ソフトバンク松田宣決勝打 8回には18号

西日本スポーツ

 ◆オリックス2―6ソフトバンク(5日・ほっともっとフィールド神戸)

 松田宣が勝負強い打撃でチームを勝利に導いた。4回にグラシアルの一打で同点とし、なお1死三塁の好機で山本が投じた148キロの外角カットボールをうまく中前へ運んだ。「センター中心に打ちにいきました。いつもやられている投手なので、きょうはみんなで何とかやっつけたい気持ちだった」。この適時打が決勝打となり、チームは8連勝。8回には2番手の東明から18号2ランも放った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ