7R特選は鷲田幸司の決め脚に期待 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(7レース制。A級1、2班戦)が7日に開幕する。初日のメインレースは7R特選。前期S級で100・95点と活躍した鷲田幸司(福井)が、同じ近畿の佐川翔吾(大阪)に任せて決め脚を発揮しそうだ。ライン3車で最長の九州勢は、成松春樹(佐賀)を先頭に大竹慎吾(大分)、屋宜浩二(沖縄)の並びで抵抗。船瀬惇平(広島)、土屋壮登(埼玉)は単騎で一発を狙う。


【9R・特選コメント】
(1)鷲田幸司 前回は昼間の久留米記念で、今回は夜中で無観客の小倉ミッドナイト。ギャップが激しいけど、夜型人間なので体は動くと思う。人気になる? 点数は持っているけど、それほど強くないかも(苦笑)。佐川さんマーク。
(2)成松春樹 ライン3車だし、積極的に攻めたい。前回まで新車を試したがダメだったので、以前のモノに戻してセッティングも変える。体調はバッチリ。
(3)土屋壮登 調子は普通。前回は左肩を痛めて途中欠場したけど、大丈夫と思います。単騎で自力。
(4)大竹慎吾 成松君の番手に付けます。後ろが屋宜君だし、突っ込まれないように気を付けないと(笑)。60歳まで選手を続けられるように頑張りたい。
(5)船瀬惇平 小倉のミッドナイトは昨年のチャレンジ戦以来ですけど、いまのところ6連勝中なんですよ。腸炎を起こしたり、腰を痛めたりしたけど心配ない。単騎でも自力でやる。
(6)屋宜浩二 今期はS級点が取れるように頑張って走りたい。練習は普通にやってきた。大竹さんへ。
(7)佐川翔吾 7車立ては前回の久留米ブロックセブンで走ったし、大丈夫ですね。その後は休まずに練習。調子は問題ないと思います。自力で勝負する。


<各レースの見どころ>

 (1R)「今年で30歳になるし、S級点を狙いたい」と小竹が意気込む。番手の川又は負傷明け2場所目。小出はヘルニアで苦しんだが、底は脱した模様。
【3連単】1―7―235。


 (2R)在本は、前回で連続優出が3でストップして「今までの自分に戻ったかも」。それなら113期の新鋭・鈴木の勢いから狙いたい。
【3連単】3―157―157。


 (3R)小倉の番組マンは基本的に1=7を本線に置くのだが、ここは113期の佐々木が抜けている。A3を特班で卒業できなかったが、前期78・69点はすごい数字だぞ。
【3連単】2―14―147。


 (4R)泉谷の前期91・16点はボーダーぎりぎりだった。その結果がどうあれ「今期もS級点を目指して頑張ります」と好気合。番手は堅実な山田が離さない。
【3連単】7―1―235。


 (5R)寺沼は、115期の2人の弟(伊織、拓摩)から刺激を受けて奮闘中。ここは仕事きっちりの佐々木に番手を任せてロングスパートだ。
【3連単】1=7―35。


 (6R)井上の前期は、ラストスパートに失敗して初のS級点ゲットはならなかったが「年齢的にも、いま狙っていかなければ」と闘志は高まるばかり。一方の高田は「練習はやっているけど、感触が全くダメで…」と元気がない。それでも、タテ脚も備える前期S級の実力者。逆転互角だ。
【3連単】7=1―235。


 (7R)直近4カ月で101点の鷲田が、佐川のダッシュに食らい付いてゴール前勝負。ただ、成松をあっさり出してしまうと捲り不発のシーンも。狙いは船瀬の単騎捲り。
【3連単】1―7―345。船瀬の一発は5―1―7、5―24―2346。
 

PR

PR

注目のテーマ