ソフトバンク9連勝 工藤ホークス最長タイ、熱男が逆転弾

西日本スポーツ

8回2死三塁、左越えに2ランを放ち雄たけびを上げる松田宣 拡大

8回2死三塁、左越えに2ランを放ち雄たけびを上げる松田宣

 ◆オリックス5-6ソフトバンク(6日・ほっともっとフィールド神戸)

 ソフトバンクが2015年の工藤監督就任後最長タイの9連勝を記録した。

 1点を追う8回、先頭の内川が三塁安達の失策で二塁へ進塁。2死三塁となって、松田宣がエップラーの初球を左翼席に運び、2試合連続の19号逆転2ランとした。ヒーローインタビューで松田宣は「打った瞬間、入ったと思いましたが(一塁の)本多コーチに全力で走れと言われたので全力で走りました」と振り返った。

 ソフトバンクは7回に失策絡みで勝ち越されたが、一発で取り戻した形。2回にデスパイネが先制19号ソロ、3回に甲斐が9号ソロと、得意の一発攻勢を見せつけた。

PR

PR

注目のテーマ