ソフトバンク大竹 同点3ラン被弾猛省

西日本スポーツ

 ◆オリックス5-6ソフトバンク(6日・ほっともっとフィールド神戸)

 前半戦最終先発だった大竹が痛恨の同点被弾を悔やんだ。4回まで1失点と粘り強く投げたが、5回に2番佐野への初球のシュートが甘く入り、プロ1号となる同点3ランを左翼席に運ばれた。チームは連勝を伸ばしたものの、6回途中4失点で降板した左腕は「チームの力になることができなかった。点を取ってくれたのに、簡単に追い付かれてしまった。申し訳ない」と反省しきりだった。

PR

PR

注目のテーマ