ソフトバンク加治屋 緊急登板動じずモヤを打ち取る

西日本スポーツ

 ◆オリックス5-6ソフトバンク(6日・ほっともっとフィールド神戸)

 モイネロの危険球退場を受け、緊急登板した加治屋がきっちりモヤを打ち取って仕事を果たした。8回2死一塁の場面でマウンドへ。登板直前に5、6球の準備しかできなかったといい、二盗で得点圏への進塁を許したが、丁寧に低めへフォークを続け、3球目で中飛に仕留めた。「前の回に準備はしていたので、慌てることはなかった。低めに球を集めようと心掛けた」と振り返った。

PR

PR

注目のテーマ