ソフトバンクお返しされた 10連勝目前で逆転負け

西日本スポーツ

8回2死二、三塁、オリックス・福田が放った打球を中堅・釜元がダイレクトで捕球したかのように見え、工藤監督がアウトをアピール 拡大

8回2死二、三塁、オリックス・福田が放った打球を中堅・釜元がダイレクトで捕球したかのように見え、工藤監督がアウトをアピール

 ◆オリックス5-2ソフトバンク(7日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンクが終盤に試合をひっくり返されて球団8年ぶりの10連勝を逃した。

 初回に内川の二塁打で先制。4回は甲斐の犠飛で加点した。先発の松本裕は8回途中までゼロに封じる好投を見せていたが、2死二、三塁とされたところでベンチは嘉弥真に継投した。

 その最初の打者、福田の中前への当たりをこの回から守っていた釜元が処理してバックホーム。走者一人がかえった後、2人目の生還もセーフだったが、工藤監督は釜元がノーバウンドで捕球したのではないかとしてリクエストを要求した。しかし、リプレー検証でも変わらず同点。3番手の椎野も抑えきれず、オリックスにこの回一挙5点を奪われた。

 ソフトバンクは前夜のこのカードで1点を勝ち越された後の8回に松田宣が逆転2ラン。交流戦最後の試合から続く連勝を工藤監督就任後では最長タイの9に伸ばしていたが、同じ8回にお返しされる形で10戦ぶりの黒星を喫した。

PR

PR

注目のテーマ