初戦快勝でひとっ風呂?早稲田佐賀「いい水だな」

西日本スポーツ

 ◆高校野球佐賀大会1回戦:早稲田佐賀6-2佐賀西(7日・佐賀ブルースタジアム)

 初戦突破した早稲田佐賀ナインが球場敷地内の一角で仲良く体を寄せ合った。

 「いい湯だな~」と、のんびりお風呂に入っているわけではない。同校が取り入れているのは疲労回復を促すための「アイスバス」で、選手たちは試合後に氷を入れた冷水に約5分間つかっている。

 これを夏は試合後に必ず、練習の後もたまに行うことがある。「疲れの取れ方が違います。昨日(6日)の練習の後も入ったんですが、今日の体の状態がすごくよかったです」と沢村栄太郎主将(3年)も効果を実感している。

 次戦の相手は昨夏3回戦で敗れた龍谷。ナインはいい湯…ではなく「いい水だな」でコンディションをバッチリ整えて、大事な一戦に備える。

PR

PR

注目のテーマ