西武1日で3位転落 エラーの松本航4失点も自責0

西日本スポーツ

 ◆ロッテ8-2西武(7日・ZOZOマリン)

 逆転負けの西武が1日で3位に転落した。

 5回に山川の押し出し四球で先制。4番に12試合ぶりの打点がついたが、直後の守備でミスが相次ぎ一挙4点を奪われた。先発の松本航はこの回に悪送球など自らのエラーも絡み、6回4失点ながら自責点は0だった。

 7回は2番手の森脇が清田に適時打、井上に3ランを浴びてリードを広げられた。

 西武は6日に2位浮上したばかりだったが、再び後退。8日からは球宴前最後のカードで、6・5ゲーム差をつけられている首位ソフトバンクとの3連戦に臨む。

PR

PR

注目のテーマ