トーレス「川崎はJで一番のチーム」 引退表明後初の敵地で「感謝」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第18節 川崎0‐0鳥栖(7日・等々力陸上競技場)

 鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が川崎のサポーターに感謝を示した。試合前にFWでのスタメン出場が紹介されると、鳥栖だけでなく川崎のサポーターからも拍手が起こった。6月23日に現役引退を表明してから、敵地で試合に出場したのは初めて。2万2千人を超える観衆からの声援に「感謝したい」と笑顔で振り返った。

 2試合連続のスタメン出場で前半12分にはペナルティーエリア内で右からのクロスを胸で止めてキープするプレーもあったが、見せ場はつくれず、後半8分に途中交代。それでも、交代時には再び川崎サポーターから大きな拍手が起こった。

 この日は不発も、トーレスが見られる限られた時間に、多くの注目が集まっている。「川崎はJリーグの中で、一番のチームと思っている。シンプルにつないだり、選手が協力して前進する。そのスタイルは素晴らしいと思う」。サポーターだけでなく、リーグ2連覇中の王者に対する敬意も示した。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ