プロ注目「これからが楽しみ」146キロ右腕 北九州・木村11K完投勝利

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:中間2-8北九州(7日・北九州市民球場)

 福岡大会で北九州のプロ注目右腕木村仁(3年)が、中間との初戦で11奪三振、被安打2、2失点で完投し、8‐2の快勝に貢献した。最速146キロを誇る本格派は、昨夏の北福岡大会で4強に進んだ先輩たちを超える意気込みを示した。佐賀大会では唐津東の1年生右腕谷口源が、春の佐賀大会4強の鳥栖商を相手に1失点完投勝利を飾った。また熊本、大分大会が開幕した。

■2安打2失点

 フィニッシュは描いた通りになった。9回2死から直球勝負で空振りを奪い、3球三振。8回からの6打者で5三振を記録したが、まだまだ余力を残していた。

 「最後は真っすぐと決めていました。序盤は緊張もあって球が走りませんでしたが、終盤はいくようになりました」。木村は123球完投を笑顔で振り返った。6月に別府翔青(大分)との練習試合で記録した自己最多の18奪三振には及ばなかったものの11K。立ち上がりは力みがあったが、オリックス・縞田スカウトのスピードガンでは142キロをマーク。不調でも140キロ台を出すあたりに将来性を感じさせる。縞田スカウトは「真っすぐに力がある。これからが楽しみ」とみる。

■タカ千賀研究

 ピンチは2度。2回は死球と自らの失策が絡んで1点リードを追い付かれた。6回は二塁打2本で失点。この2安打で目が覚めたのか、7回以降はパーフェクトだ。中盤まではスライダーを多投したが、終盤は真っすぐで押した。

 フォームはダイナミック。好きなプロ野球選手の福岡ソフトバンク・千賀の動画を繰り返し見て研究している。井手下慎司監督は「本人の感覚を大事にしているから、フォームのことはあまり言いません」という。さらに「いつもニコニコしていて、怒ったのを見たことがない」と指揮官が評する性格も投手向きかもしれない。

 昨年、先輩たちはノーシードから北福岡大会のベスト4まで勝ち上がった。その姿はベンチ入りしていた木村の脳裏に焼き付いている。最速146キロを誇る木村の今大会の目標は「150キロ」。そして「勝てる投手」を掲げた。先輩たちを超えるためにも7月は負けるわけにはいかない。 (森本博樹)

PR

PR

注目のテーマ