西武1日で3位逆戻り 辻監督「そんな野球をしているようじゃ勝てない」

西日本スポーツ

5回1死二、三塁、ロッテ・藤岡の投ゴロをさばき、一塁へ悪送球する西武・松本航(左)。一塁手は山川 拡大

5回1死二、三塁、ロッテ・藤岡の投ゴロをさばき、一塁へ悪送球する西武・松本航(左)。一塁手は山川

 ◆ロッテ8-2西武(7日・ZOZOマリンスタジアム)

 幕張の風雨が獅子の行く手を遮った。先制した直後の5回。3四球と3失策が絡んで4点を奪われ、みすみす流れを手放した。日本ハムと入れ替わり、1日で3位に逆戻り。辻監督は「フォアボール三つにエラー三つ。そんな野球をしているようじゃ勝てない」と厳しい表情で吐き捨てた。

 快調にゼロを並べてきた松本航が不運からつかまった。この回、角中の飛球は強風にも流され、外崎が落球(記録は失策)。1死二、三塁とピンチが広がり、今度は自らの失策で2点を失った。藤岡の投ゴロをつかむと、三塁走者をけん制した後、振り返りざまに一塁送球。これが高く浮き、山川が捕球できなかった。鈴木の左中間二塁打に秋山の失策も記録され、4点を失った。

 「今日は大事な場面で四球を出したり、全体的に制球が良くなかったりと反省すべき点があった」。自己最長の6回を投げ、自責は0だったが、2敗目。出場選手登録を抹消されることも決まった。チームも2カード連続負け越しで首位ソフトバンクとの前半戦ラストカードに挑む。

 収穫はスタメンに抜てきした鈴木、佐藤がともにマルチ安打。指揮官は「必死でやっている。他の選手も見習っていかないといけない」と士気を高めた。 (小畑大悟)

PR

PR

注目のテーマ