元ホークス定岡監督驚かす完封 ノーシード柳ケ浦が初戦快勝

西日本スポーツ

 ◆高校野球大分大会1回戦:柳ケ浦4―0竹田(8日・別大興産スタジアム)

 昨年の悔しさを胸に、ノーシードの柳ケ浦が初戦をクリアした。8回、無死満塁のピンチもしのいで4‐0。南海、ダイエー(現ソフトバンク)で選手やコーチとして活躍した定岡智秋監督もホッとした表情を浮かべた。

 「初戦という緊張の中で勝ったから、まあまあかな。イメージとは違っていたけど」。指揮官の予想をいい方に裏切ったのが、竹田を5安打に抑えた先発の右腕エース・岩田隼冬(3年)だ。それも公式戦初の無四球に、2度目の完封。定岡監督の予定は「投手3人の継投」だったから驚くのも無理はないだろう。「まっすぐとコントロールが良かった。ぜひ監督を甲子園に連れて行きたい」とエースは静かに闘志を燃やした。

 打線を引っ張ったのは宇土雄真主将(同)。初回の先制タイムリー、4点目の左犠飛など全得点に絡んだ。宇土は昨夏終了後、定岡監督から呼ばれ、主将に任命された。「監督はいつも僕らの目線で話をしてくれるし、ミスをしても『俺もプロでこうやって失敗した』とか言って共感してくれます」と宇土主将らナインは信頼しきっている。

 柳ケ浦は昨夏の決勝で藤蔭に0‐1で敗れ、甲子園出場を逃した。その失点の場面で定岡監督は指を4本出して「敬遠」の指示をしたつもりが、選手には伝わらずに決勝の右犠飛を喫した。その悔しさは忘れられない。「ノーシードから勝ち上がっていくぞ!」。高校の監督となって4度目の夏。実力的には昨年に及ばないが、定岡監督は元気いっぱいだ。 (森本博樹)

PR

PR

注目のテーマ