5球団スカウト集結「完成度高い」 九州国際大付エース圧投

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:九州国際大付9―2古賀竟成館【7回コールド】(8日・北九州市民球場)

 この夏は誰にも打たせない。九州国際大付のエース下村が、初戦で圧巻の投球を見せた。古賀竟成館打線に安打を許さず、5回から右翼の守備へ。「無安打だったけど、納得して交代しました」。右翼でも再登板の可能性を考え、気持ちを切らさなかった。

 この日の最速は144キロ。初回は「緊張していた」と四球で唯一の走者を許したが、2回以降は得意のスライダー、カーブと、この夏に向けた新兵器フォークを織り交ぜ、相手打線を全く寄せ付けなかった。「立ち上がりは甘い球があったけど、3回からはコーナーを突いて三振を取れた」とワインドアップからテンポよく投げ込んだ。

 昨秋の九州大会初戦で日章学園(宮崎)に敗れた後、楠城徹監督から「いろんな投げ方を試したらいいんじゃないか」とアドバイスされ、常時セットから変えた。「中学時代はワインドアップだったのでリズムに乗れる」と気持ちよく投げられるようになった。

 ネット裏には5球団のスカウトが集結。中日の三瀬幸司スカウトは「フォームがきれいだし、コントロールもいい。欠点がなく高校生としては完成度が高い。上で通用するために、もっと球速が上がれば」と今後の成長に期待する。

 次は希望が丘戦。昨夏は北福岡大会2回戦で最終回に4点差を逆転されてノーシードの若松に敗れた。同じ失敗を繰り返さないように寮ではミーティングで「油断せずに自分たちの野球で圧倒しよう」と話し合った。最後の夏、もう悔し涙は流さない。 (前田泰子)

PR

PR

注目のテーマ