21年世界水泳福岡のマスコット決まる

西日本スポーツ

 2021年夏に福岡市で開かれる世界水泳選手権の大会組織委員会は8日、大会マスコットとエンブレムを発表した。マスコットはイルカをモチーフにしたキャラクターで、ゲームソフト、アニメの「妖怪ウォッチ」を生み出した同市のゲーム制作会社「レベルファイブ」がデザインした。

 マスコットは2体で、名前は青色の男の子が「シーライ」、黄色の女の子が「シャーニー」。成長を続ける福岡市が持つ元気なイメージをイルカに重ね合わせたという。レベルファイブの日野晃博社長(50)は同日のお披露目式で「多くの人が大会に興味を持つように愛されるキャラクターになってほしい」と話した。

 エンブレムは、同市のデザイナー梶原道生さん(52)が制作。誰もが水泳をイメージしやすいように、福岡の「F」と水泳競技の動きをシンプルに表現したという。

 マスコットとエンブレムは、福岡、熊本、鹿児島各市で併せて開く世界マスターズ水泳選手権でも使われる。 (黒石規之)

PR

PR

注目のテーマ