門司学園9番「気持ちいいっす」高校初HRで勝利貢献

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:門司学園11―7北九州高専(8日・北九州市民球場)

 門司学園が北九州高専を破り2年連続の初戦突破を果たした。相手に3ランを2本許し、2度同点に追いつかれる苦しい展開だったが終盤の追加点で突き放した。4回には9番打者の堤が左翼ポール際に2ランを放ち一時勝ち越した。「本塁打は練習試合を含めて初めて。気持ちいいっす」と堤は笑みを浮かべた。初めてレギュラーで起用された今春の北九州市長杯では5番だったが、現在は調子を落とし9番。「調子が落ちても使ってもらえてよかった」。これからもバットでアピールしていく。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ