ソフトバンク笠谷7回4失点も高評価 小川2軍監督「球筋安定」

西日本スポーツ

先発し7回4失点の笠谷 拡大

先発し7回4失点の笠谷

 ◆ウエスタン・リーグ オリックス4―3ソフトバンク(8日・オセアンバファローズスタジアム舞洲)

 5年目の左腕・笠谷が飛躍の予感だ。ウエスタン・オリックス戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)で先発、7回4失点で負け投手にはなったが、最速146キロのストレートを右打者の外角低めへ制球、7回を95球で乗り切った。小川2軍監督は「安定した球筋。前に進めそうな内容だった」と高評価。21のアウトのうち、フライアウトは6と「ヒットもゴロが多かったですし、次につながると思う。どんどん投げてイニングが増えていけば」と笠谷。今後の成長ぶりが楽しみだ。

PR

PR

注目のテーマ