ソフトバンク・スチュワート 151キロ無失点デビュー

西日本スポーツ

 ◆練習試合:ソフトバンク3軍-九州三菱自動車(9日・タマスタ筑後)

 米大リーグのドラフト上位指名候補ながらソフトバンク入りしたスチュワートが、先発で来日後初めて実戦登板した。

 初球の146キロは左打者の外角に外れてボール。カーブを挟み、148キロを左中間二塁打された。2、3番を凡飛に仕留めて2死三塁。4番の左打者を外角の151キロで空振り三振に仕留めた。

 2回は先頭の左打者をチェンジアップで三ゴロ。続く右打者は高めの147キロで二飛。フルカウントから左打者を低めの149キロで空振り三振を奪い、予定の2イニングを24球で投げ終えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ