ソフトバンクが大量入れ替え モイネロら抹消、田中、田浦らが昇格

西日本スポーツ

ソフトバンク・モイネロ 拡大

ソフトバンク・モイネロ

 福岡ソフトバンクは9日、リバン・モイネロ投手(23)、松本裕樹投手(23)、武田翔太投手(26)、アリエル・ミランダ投手(30)の出場選手登録を抹消した。代わって田中正義投手(24)、田浦文丸投手(19)、川原弘之投手(27)、西田哲朗内野手(27)が昇格した。

 モイネロは今季勝利の方程式の一角として、ここまで37試合で1勝1敗3セーブ19ホールド、防御率1・51をマーク。6日のオリックス戦(ほっともっと神戸)を最後に登板はなかった。

 ドラフト1位で2017年に入団した田中は昨季は1軍で10試合に登板して防御率8・56。今季は春季キャンプ中の右肩の張りなどで出遅れていたが、復帰後はウエスタン・リーグで9試合無失点と好調をキープしている。熊本・秀岳館高出身で2年目の左腕田浦はプロ初昇格。

PR

PR

注目のテーマ