ブルペン窮地でソフトバンク急造リレーが1点差死守

西日本スポーツ

6回、2番手で登板し1イニング無失点の高橋純 拡大

6回、2番手で登板し1イニング無失点の高橋純

 ◆ソフトバンク3-2西武(9日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逃げ切り、球宴前最後のカードも勝ち越しを決めた。

 先発の高橋礼が初回に1点を先制されたものの、その裏無死一塁で福田の2ランで逆転。さらに上林の適時打でリードを2点に広げた。

 高橋礼は3連打を許して1点差に迫られた5回限りで降板。勝ちパターンの継投を担っていた武田、モイネロが出場選手登録抹消となった中、6回以降は残る救援陣が懸命のリレーを見せた。

 6回は高橋純、7回は嘉弥真が安打を許さず無失点。8回は加治屋が2四球で招いたピンチを脱出した。9回の甲斐野は先頭打者に内野安打を許したが、送りバントの打球を捕手・甲斐が素速く処理して併殺とするなど守りにも助けられ、登板2試合ぶりのセーブを挙げた。

PR

PR

注目のテーマ