元阪神の吉竹監督、夏初勝利ならず 熱戦も3年生との約束果たせず

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:九州産業3―4福岡大大濠(9日・久留米市野球場)

 阪神、西武で活躍し、今年から九州産業を率いる吉竹監督は夏の初勝利を手にすることはできなかった。

 チームはシードの福岡大大濠と延長12回の接戦を演じたが、9回から11回まで走者を得点圏に進めながら勝ち越せず「勝たなければいけない試合だった。もう一度グラウンドで練習しようと3年生と約束したが果たせなかった」と悔しさをにじませた。「これだけ一生懸命やれたことを下級生は今後に生かしてもらいたい」と翌日から早速、新チームがスタートする。

PR

PR

注目のテーマ