急きょ1年生左腕が先発 筑陽学園8回コールド勝ち

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:筑陽学園9―2福岡工【8回コールド】(9日・小郡市野球場)

 春夏連続の甲子園出場を目指す筑陽学園が福岡工を9‐2で逆転し、8回コールド勝ちした。先発予定だった西舘が試合前日に発熱し、急きょ1年生の左腕藤田が先発。2年生の岩室につないで5回から西舘が登板した。

 初回に2点を先制されたが、その裏、6番進藤の2点打などで逆転。「個々の能力は差があるので先制されても落ち着いていた。選手は思ったより緊張していなかった」と江口監督は評した。体調を崩した西舘は4回を被安打4、無失点に抑え「思ったより普通に投げられた。ピンチでギアを上げる投球を心掛けた。これから調子を上げていきたい」と今後の活躍を誓った。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ