ソフトバンク高橋礼8勝、西武戦は相性抜群4戦4勝

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3―2西武(9日・ヤフオクドーム)

 高橋礼が5回を被安打7、2失点でリーグ単独3位の今季8勝目を挙げた。2点リードの5回1死一、三塁、源田の打球を左足に受ける強襲安打で1点差に迫られたものの、外崎、山川を左飛に打ち取った。西武戦は4戦4勝と抜群の相性を誇るが「打線が打ってくれて勝っているだけ。抑えているイメージはない」と謙虚さは崩さない。前半戦最後の先発を終え「もっと球数を少なくして、長い回を投げられるようにしたい」と気を引き締めた。

PR

PR

注目のテーマ