西武・十亀4敗目、初回悔やむ 辻監督は「よく踏ん張ってくれた」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3―2西武(9日・ヤフオクドーム)

 十亀は初回の3失点が重くのしかかった。初回に味方の失策で走者を背負うと、2番福田に右中間テラス席への逆転2ランを浴び、2死後に上林の右前打で3点目を失った。2回以降は1安打しか許さなかっただけに「丁寧にいきすぎたのか、テンポが悪くなった。(福田は)打ち取ったかと思ったけど、少し甘かったのかな。7回まで投げ切れたのは良かったけど…」と悔やんだ。力投も及ばずに今季4敗目を喫した右腕を、辻監督は「あそこまでよく踏ん張ってくれた」と評価した。

PR

PR

注目のテーマ