ソフトバンクが首位を独走する理由/斉藤和巳氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏 拡大

西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏

 ◆ソフトバンク3―2西武(9日・ヤフオクドーム)

 今季というより、ここ数年のソフトバンクを象徴するような勝ち方だ。勝利をたぐり寄せたのは、1点のリードを守りきった救援陣。しかも、モイネロ、武田と勝ちパターンの投手2人が登録抹消になったにもかかわらず、4人が無失点でつないだ。どちらが勝ってもおかしくない試合展開だった。ソフトバンク打線は5回以降、無安打で出塁もない。どちらかと言えば、西武が押していた。それでも、救援陣の一人一人が役割を果たし、流れを渡さない強さがあった。

 5回限りで降板した高橋礼が、1点リードで踏みとどまってバトンを託したのも大きい。5回は1点差に迫られ、なお1死一、二塁。追い付かれても仕方がないような状況で3番外崎、4番山川を封じた。球数からしてもう1、2イニング投げるのではないかと思ったが、任せられる救援陣が後ろに控えることが、この判断につながっている。

 打線の援護はもちろん、先発が試合をつくるからこそ、救援陣の能力が生きるのも確かだ。ただ、ソフトバンク先発陣の完投数はいまだ1試合しかない。それでも首位を独走する理由は、救援陣の層の厚さ。これに尽きる。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ