ソフトバンク和田が緊急降板 打者と対戦途中に異変

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(10日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク先発の和田が試合中盤、打者と対戦途中で緊急降板した。

 安打も初回に許した1本で無失点のまま、2点リードで迎えた5回。1死から岡田に左翼ホームランテラスへのソロを許すと、2死から木村に右翼ポール際への同点ソロを浴びた。

 続く秋山に四球を与え、倉野投手コーチがマウンドへ。さらに源田の左前打で一、二塁とされた。外崎へ1ストライクからの2球目、変化球がワンバウンドとなった直後、同コーチがトレーナーを伴い再びマウンドへ向かった。

 トレーナーとベンチ裏へ下がった和田は、そのまま降板。代わって2番手で今季初登板の田中は、外崎を追い込みながらも右越え2点三塁打を許した。

 和田は左肩故障から6月に2年ぶり戦列復帰。この試合が復帰後5度目の登板だった。

PR

PR

注目のテーマ