九産大九州、沖学園に雪辱果たす 9-2コールド 高校野球福岡大会

西日本新聞

【沖学園‐九産大九州】8回を2失点に抑え、完投勝利を挙げた九産大九州の恒吉幸司投手 拡大

【沖学園‐九産大九州】8回を2失点に抑え、完投勝利を挙げた九産大九州の恒吉幸司投手

 第101回全国高校野球選手権福岡大会で都市圏勢は10日、南部大会8校、北部大会2校の10校が2回戦に臨み、計4校が勝利した。

 南部大会で九産大九州は、昨夏の南福岡大会決勝で敗れた相手の沖学園と対戦し、9‐2で下した。

 1回戦を突破して波に乗る修猷館は、九回に4点を入れて7‐3と勝ち越し、3回戦へ。都市圏勢対決となった香椎対香椎工は、香椎が9ー5で逆転勝ちを収めた。

 糸島と中村学園三陽は初戦敗退となった。福岡西陵は降雨コールド引き分けで、11日の再試合が決まった。

 北部大会では、新宮が10点を奪って七回コールド勝ちしたが、玄界は初戦で姿を消した。

 11日の都市圏勢は、再試合の福岡西陵を含む南部7校、北部1校の計8校が登場する。

PR

PR

注目のテーマ