工藤監督は田中正義に注文 好投田浦の今後にも言及

西日本スポーツ

5回2死一、二塁で登板する田中(右)に声を掛ける工藤監督 拡大

5回2死一、二塁で登板する田中(右)に声を掛ける工藤監督

 ◆ソフトバンク3-7西武(10日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが4被弾などで7失点。逆転負けで同一カード3連勝とはいかなかった。

 先発の和田が5回に2点リードを追いつかれ、さらにピンチで緊急降板。ここで今季初登板した田中が、外崎に2点三塁打を浴び、勝ち越しを許した。

 続投した6回は2四球を与えて降板した右腕に、工藤監督は「球自体は悪くない。あとは(打者に)向かっていくというか、気持ちを出した方が結果はより良くなるんじゃないか」と注文。「まあでも初登板だしね」とフォローしつつ、物足りなさが口を突いた。

 一方でプロ初登板の左腕・田浦は、4点ビハインドで迎えた8回からの2イニングをパーフェクト。「聞いていた通りしっかりストライクが取れて、変化球もよく見えた。ナイスピッチング」とたたえた。

 救援陣の主力が軒並み不在で、モイネロまで離脱したところ。今後も田浦は見たい存在か、との問いに指揮官は「少しずついい経験をしてくれたら。使い方も今後考えていきたい」と気を使った口ぶりだった。

PR

PR

注目のテーマ