森末氏 体操内村ヘエール 二水会で講演

西日本スポーツ

 九州の企業や自治体の在京責任者でつくる「二水会」(西日本新聞社主宰)の7月例会が10日、都内であり、元体操選手でスポーツコメンテーターの森末慎二氏(62)が講演した。

 1984年ロサンゼルス五輪で男子鉄棒の金などメダル3個を獲得した森末氏は、当時の思い出や2020年東京五輪体操競技の展望も語った。男子個人総合で五輪2連覇中ながら故障に苦しむ30歳の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=に「この年齢まで頑張っていることに頭が下がる」とエールを送り、今秋の世界選手権で日本代表に初選出された17歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)に「いいデビューを果たせば面白い」と期待した。 (西口憲一)

PR

PR

注目のテーマ