今年度で閉校「塩田工」最後の夏終わる

西日本スポーツ

 ◆高校野球佐賀大会2回戦:塩田工・嬉野3-4伊万里(11日・みどりの森県営球場)

 2度目の校歌を歌うことはできなかった。今年度で閉校が決まっている塩田工は嬉野との合同チームで挑み、終盤で逆転を許し最後の夏が終わった。学校は2018年度から嬉野と統合しており、ベンチには塩田工と嬉野の3年生と、1、2年生が着用した「嬉野」の3種類のユニホームが並んだ。前半は投打に主導権を握りスタンドを沸かせた戦いを見せ、「悔いはあるけどチームがやりたかったことはできた」と大久保主将。塩田工OBの植松監督は「学校の名前がなくなるのはショックだが、生徒にとっては人生のいい経験になったと思う」と後輩たちを見つめた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ