西武・多和田、20日1軍復帰へ 2軍戦で完投勝利

西日本スポーツ

完封で今季初勝利を挙げ笑顔でポーズをとる西武・多和田=4月12日 拡大

完封で今季初勝利を挙げ笑顔でポーズをとる西武・多和田=4月12日

 不調のため2軍調整中の西武の多和田真三郎投手(26)が、20日のオリックス戦(メットライフドーム)で1軍復帰することが分かった。首位ソフトバンクと7・5ゲーム差の3位からの巻き返しを期すチームを、開幕投手の先発ローテ復帰が勢いづけそうだ。

 昨季は16勝で最多勝に輝いたが、今季は1勝3敗、防御率5・77と調子が上がらず、5月26日に出場選手登録を外れた。イースタン・リーグでは3試合で1勝1敗、防御率3・52。9日のDeNA戦で3失点完投勝利を挙げたことで、首脳陣は1軍昇格を決めた。

 辻監督は「完投もしているし、投げられるんだったらね。日焼けしていたし、ベンチでも笑っていた」と説明。オリックス戦は4月12日に2安打完封で今季唯一の勝利をマークしており、復帰初戦も好投が期待される。

 後半戦は先発ローテも再編。球宴明けは15日からのロッテ3連戦(メットライフドーム)が今井、十亀、本田、19日からのオリックス3連戦(同)は高橋光、多和田、ニールの順とみられる。カード初戦はこれまでと同様に今井と高橋光の若きエース候補に託す。

PR

PR

注目のテーマ