冨安 古巣J2福岡で練習 三国は刺激「テンポが速い」

西日本スポーツ

古巣福岡の練習に参加した冨安(右)と町田戦に向けて汗を流す三国 拡大

古巣福岡の練習に参加した冨安(右)と町田戦に向けて汗を流す三国

 ベルギー1部シントトロイデンからイタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャへの移籍を発表した日本代表DF冨安健洋(20)が11日、福岡市の雁の巣球技場で古巣のJ2アビスパ福岡の練習に参加した。

 冨安は2015年から17年まで福岡に所属。下部組織時代に指導を受けた久藤監督と組んでシュート練習をするなどリラックスした表情で約1時間、汗を流した。この日の取材対応はなかったが、選手と交流を深めて笑顔で雁の巣を後にした。

 福岡のDF三国ケネディエブスは「トラップからパスまでのテンポが速い。自分は遅いので意識して見ていた」と冨安の動きをじっくり観察。1歳年上の冨安の活躍に刺激を受けた様子で「自分は時間がないが、努力して早く上に上りたい。まずはチームでやれることをして結果を出したい」と21位に低迷するチームの巻き返しに貢献することを誓った。 (広田亜貴子)

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ