小倉の2年生エース“二刀流”サヨナラ3ラン 監督「びっくり。出来過ぎ」

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会2回戦:小倉8―5宗像(12日・北九州市民球場)

 両手で何度も繰り返したガッツポーズに喜びが凝縮されていた。2年生エースの吉川が、古豪小倉に令和の夏初勝利をプレゼントした。「まっ芯でした。打った瞬間に『いった』と確信しました」。自身初のサヨナラ弾をスラスラと振り返った。

 9回に1点差を追いついてなお無死一、二塁。通常は送りバントの場面だろうが、就任1年目の西田弘康監督は吉川のバットに懸けた。「びっくりしました。出来過ぎです」。同校監督としての夏初勝利ももたらしてくれた高校通算6本目のアーチに目を丸くした。

 宗像を4‐1とリードしながら、吉川が6、7回で同点にされた。9回は一塁の村上尚幹(3年)の失策と長打で1点を勝ち越されたが、直後のサヨナラ劇はその村上が遊撃内野安打で口火を切り、最後は吉川が先輩のミスも帳消しにした。

 「彼(村上)はベンチで泣いていました。気持ちで打ってくれた。あのまま負けていたら、この後、引きずったかもしれない」と西田監督が打ち明けた。こういうところが、夏の甲子園に10度出場して2度の優勝を誇る伝統なのかもしれない。

 昨夏は北福岡大会で4強。1956年以来の夏切符には届かなかった。「ピッチングは20~30点です。情けない投球をして先輩たちに申し訳ないことをしました。次はビシッといきます」。昨秋からエースナンバーを背負う身長193センチの大型右腕。今夏はサイズ以上の活躍を見せる。 (森本博樹)

PR

PR

注目のテーマ