ソフトバンク松田宣「熱男」今年もお預け 球宴初アーチならず

西日本スポーツ

7回2死一塁、阪神・近本(左)は適時三塁打を放ちサイクル安打を達成した。野手は松田宣 拡大

7回2死一塁、阪神・近本(左)は適時三塁打を放ちサイクル安打を達成した。野手は松田宣

 ◆マイナビオールスターゲーム2019第2戦:全セ11―3全パ(13日・甲子園)

 松田宣が近本のサイクル安打の“アシスト”を悔しがった。7回の左越えの三塁打は微妙なタイミングかと思われたが、左翼秋山、遊撃源田とつないだ送球は三塁の手前でショートバウンド。「あ~、あれ捕れんかった!」。雨でグラウンドがぬかるんでいたこともあり、捕球できずに快挙を演出する形となった。

 第1戦は途中出場で中堅フェンス直撃の二塁打を放ったバットでも、フル出場で4打数無安打。球宴初アーチは今年もお預けとなって「熱男」パフォーマンスを披露できなかっただけに、「(球宴で)初熱男できるまで選ばれ続けるように頑張る」と、来年以降の出場に意欲を見せた。

PR

PR

注目のテーマ