「入ると思わなかった」シード筑紫台7番が1号 勝利引き寄せた!

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会3回戦:筑紫台6-3筑紫(14日・春日公園野球場)

 シード校の筑紫台の7番古賀が、筑紫を3点リードした6回、公式戦初、高校通算2本目の本塁打を放って勝利を大きく引き寄せた。2死一塁、初球を左越えの2ラン。「入ると思わなかった」という古賀は一、二塁間を全力疾走して左翼フェンスを超える打球を見て、ようやく本塁打を確信した。昨秋の福岡大会16強。古賀は「チームのためにプレーして、全試合に勝ちたい」と誓った。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ