「もらい泣きしてしまって…」泣き虫エースが125球完投勝利 (2ページ目)

西日本スポーツ

■偉大な先輩のアドバイス

 偉大な先輩のアドバイス(?)も効いたかもしれない。昨夏の甲子園で春夏連覇した大阪桐蔭のエースだった柿木蓮(日本ハム)は、本村が中学時代に所属した佐賀東松ボーイズの1年先輩。昨年12月のOB戦で再会した柿木に「投球を教えてください」と聞くと「ちゃんと投げたらいいんじゃない」と何とも大ざっぱな助言をもらった。本村は「全く教えてくれなかった」と苦笑いするが、柿木の動画を見てフォームや下半身の使い方を参考にしてきた。

 2007年夏の甲子園決勝で逆転満塁弾を放った副島監督は「本村がよく投げてくれた。バッテリーが頑張った。自信になったと思う」とエースをねぎらった。目標はもちろん甲子園。日本一を経験した副島監督の下、唐津工が2度目の「がばい旋風」を起こしてみせる。 (前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング