初勝利まで4年…ドラフト1位高橋純平の苦悩「僕は忘れられていた」 (2ページ目)

西日本スポーツ

■『1軍なら打たれている』と考えるように

 ー気持ちが変わると結果も変わる。

 「結果が良かった日でも、自分の合格ラインをいかに厳しくできるかを考えてきた。今までは自分の納得がいかないボールでも三振が取れたらオッケーとしていたところを、『1軍なら打たれている』と考えるようになったことで、自分でよりシビアに判断するようになった」

 ー打たれたときの切り替えは。

 「僕はまだ全然切り替えられてない。点を取られた後、連打を食らうこともよくある。まだまだですね。僕のメンタルは弱いです。森さんとかは打たれた次の日でもすっきりした顔でちゃんと球場に出てこられている。そういう部分は見習っていかないといけない」

 ー中継ぎの難しさ。

 「これまでの3年間は先発が主だったんで、試合トータルの結果、内容に気がいきすぎて1人の打者、1イニングに集中できていなかった。工藤監督が中継ぎで使ってくださっているというのは、そういうところもあると思う」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ