西武9回ラッキー安打生かせず ベース当たって好機拡大も

西日本スポーツ

 ◆西武5-6ロッテ(15日・メットライフドーム)

 ラッキーなサヨナラ機を生かせなかった西武が勝率5割に逆戻りした。

 後半戦の幕開けはいきなり点の取り合いとなり、初回にロッテが先制。その裏に西武が4点を奪い逆転するも、2回に今井の2ラン暴投などでロッテが同点に追い付いた。

 その後、西武は6回に金子侑のタイムリーで勝ち越すも、7回にレア-ドが逆転2ラン。西武は1点を追う展開で9回裏の攻撃を迎えた。

 1死から外崎が安打で出塁し、打席に山川。カウント2-1からの4球目、打球はワンバウンドした後に大きく弾み三塁ベースを直撃した。さらに弾んだボールがファウルゾーンを転々とする間に外崎が三塁まで進み、1死一、三塁とチャンスが広がった。

 思わぬ好機に本拠地のスタンドは大いに沸いたものの、後続の森は空振り三振。2死二、三塁で中村は遊撃へのハーフライナーに倒れ、1点差のままゲームセットとなった。

PR

PR

注目のテーマ