打球が外野転々…ソフトバンク大竹まさかの大量失点

西日本スポーツ

1回1死一、二塁、日本ハム・渡辺に中前適時打を浴びた大竹 拡大

1回1死一、二塁、日本ハム・渡辺に中前適時打を浴びた大竹

 ◆ソフトバンク-日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

 後半戦初戦の先発を任されたソフトバンク大竹がいきなり打ち込まれた。

 初回先頭の西川を追い込みながら右前打を許した。続く杉谷の左前打の際、西川はスタートを切っており一、三塁。近藤に左前打され、あっさり先制された。

 中田を空振り三振に仕留めたものの、渡辺に中前適時打を許し、倉野投手コーチがマウンドへ。だが続く田中賢にも左翼線への当たりを許した。フィールド席のフェンスでのクッションボールを左翼グラシアルが処理しきれず、打球は左翼深くへ転々。2点三塁打とされた。

 後続は断ったものの、この回被安打5で4失点。1イニングの失点では、昨年9月16日西武戦(メットライフドーム)の初回と2回に並ぶ自己ワーストとなった。

PR

PR

注目のテーマ