無死満塁1点止まりにため息 ソフトバンク敗れ6差

西日本スポーツ

5回、日本ハム・石井に右前適時打を浴び、降板する大竹(右から2人目) 拡大

5回、日本ハム・石井に右前適時打を浴び、降板する大竹(右から2人目)

 ◆ソフトバンク1-5日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは序盤のビハインドが重く、完敗で後半戦を滑り出した。

 先発の大竹が初回に5安打を集められ一挙4失点。5回に1点を追加されたところで、被安打10で降板となった。

 日本ハム先発の堀に3回1安打に抑えられていた打線は、2番手ロドリゲスを相手に5回に反撃。デスパイネの二塁打から連打と四球で無死満塁のチャンスを迎えたが、甲斐の遊ゴロの間に1点を返すにとどまり、スタンドはため息に包まれた。

 5回途中から登板の松田遼、7回から登板の田浦が回をまたいで好投したが、打線が相手救援陣の前に沈黙。球宴を挟んで2連敗で、2位日本ハムとのゲーム差は「6」となった。

PR

PR

注目のテーマ