工藤監督「1球で変わるもの」微妙判定で大竹かばう

西日本スポーツ

ソフトバンク・工藤監督 拡大

ソフトバンク・工藤監督

 ◆ソフトバンク1-5日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは初回の大量失点で出はなをくじかれた格好だった。

 先発の大竹が無死から3連打で失点。1死後に連続適時打を浴び、この回一挙4失点で、結局このビハインドを埋められなかった。

 試合後の工藤監督。捕手・甲斐がしばしばジェスチャーで大竹に腕を振るよう促していたことに触れ「腕をしっかり振るところが、僕が見ててもちょっと足りなかったかな」と認めつつ「まあピッチャーっていうのはね、1球で変わっちゃうもの」と続けた。

 この回先頭の西川に対し、大竹は追い込んでからの4球目ストレートを外角低めに制球したが、微妙な判定でボールに。5球目の内角球も外れ、比較的、甘くなった6球目を右前打にされた。

 指揮官は「うんうん。まあ、そういうところも。制球で勝負する投手なんで、やっぱり変わってしまうもんだなって。今日はそういうのが出た試合かな」とフォローした。大竹は5回もたず5失点で約2カ月ぶりの黒星となる3敗目。6月以降は苦戦が続くが、一定の向上を認めており「次につなげてもらえれば」と背中を押した。

PR

PR

注目のテーマ