工藤監督「乗り越えて」 押し出し甲斐野は目元ぬぐう

西日本スポーツ

日本ハムに連敗、引き揚げる甲斐野(左から2人目)らを見送る工藤監督 拡大

日本ハムに連敗、引き揚げる甲斐野(左から2人目)らを見送る工藤監督

 ◆ソフトバンク2-3日本ハム(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは終盤に競り負け、3連敗を喫した。

 2-2の同点で迎えた9回は甲斐野。制球に苦しんで四死球と犠打で1死二、三塁とされた。代打杉谷を敬遠して満塁となり、石井は空振り三振に抑えた。

 ただ代打宇佐美に押し出し四球を与え、これが決勝点。ショックの色を隠せず、試合後はユニホームやアンダーシャツの袖で目元をぬぐう姿も見られた。

 工藤監督は「体は問題なかったと思うけどね。ちょっと離れてた分、感覚が少しずれてたのかな」と中6日空いた登板間隔に要因を見て取り「ボールは見ての通り、いい。あとは勝負していくだけ。大丈夫だと思うよ」と淡々と続けた。

 降板後の甲斐野にベンチで声を掛けた。「勝負はしているんだろうけど、そういうときもあるし。悔しさを乗り越えて成長していくのが投手。今日起こったことを次につなげて、前を向いてやっていくしかない」。サファテ、森不在の状況下で7セーブ、防御率2点台と奮闘するルーキーの背中を押した。

 2位日本ハムとはこれで5ゲーム差。同一カード3連敗阻止が懸かる17日の両軍先発は、ソフトバンクがスアレス、日本ハムが有原の顔合わせだ。

PR

PR

注目のテーマ