大谷の打撃研究 シード長崎商2年生4番が9号 サイクルは逃す

西日本スポーツ

4打数3安打3打点の活躍をした長崎商・相川 拡大

4打数3安打3打点の活躍をした長崎商・相川

 ◆高校野球長崎大会2回戦:口加1―14長崎商【6回コールド】(16日・長崎県営野球場)

 シード校の長崎商は口加を6回コールドで破り、初戦を突破した。2年生で4番の相川が初回に高校通算9本目の本塁打を放ち、5回には右前打、6回は左中間に二塁打。三塁打が出ればサイクル安打という活躍を見せた。大谷(エンゼルス)の動画を見てスイングスピードと打つタイミングを研究。バットを振り込み、課題のスイングスピードを上げてきた。「絶対に優勝して、甲子園で長商の校歌を歌いたい」と力を込めた。

PR

PR

注目のテーマ